- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト奈良

Before After集

5441480e-ff27-4d1f-a9c0-e73fc6f3ef53.jpg

リボルト奈良のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

当店にて施工させていただきましたお車の一部より様々なビフォーアフターをまとめてみました。

コーティングを施工する際には、全体の約7割程度の時間を費やす下地処理の工程ですが、リボルトグループでは独自の高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】を駆使して通常の洗車では落としきれないガンコな汚れであったり、経年劣化によって蓄積してしまった小キズなどを出来る限りリセットし美しい状態にする事により、その上に塗布するコーティングの性能を十分発揮させます。

コーティングを選ぶ際に、価格も大切ですが下地処理(洗浄・磨き作業)のこだわりについても知っていただければ幸いです。
随時追加で更新していく予定ですので、チェックしてみてください。

トヨタ・アルファード
車両全体に細かなキズが見受けられました。
特にキズの目立ちやすい202ブラックでしたので、しっかり確認しながら丁寧に仕上げていきます。

20220212alphard11.jpg

20220212alphard12.jpg

ルノー・カングー
樹脂パーツが経年劣化によって白くぼやけてしまっています。
左が元の状態で右が専用のケミカルで汚れを除去した上で、コーティングした様子です。

1660016737.jpg

ハーレーダビットソン・フォーティエイト
バイクのコーティング施工においても下地処理が大切です。
タンクやカウルなどの塗装面はもちろん、マフラーなどのメッキ部分もしっかり磨いていきます。

20220801hd488.jpeg

20220801hd489.jpeg

20220801hd4810.jpeg

20220801hd4811.jpeg

トヨタ・クラウン
新車時にコーティングされていましたが、従来のコーティング剤はシミが付着しやすいデメリットがありました。
リボルト独自開発のコーティング剤(リボルト・プロ)はシミが付着しにくくなっており、長期間にわたって美観維持しやすくなっています。
また、完全硬化型なので普段の洗車などで落としきれない汚れなどが蓄積したタイミングで
メンテナンスコースをご依頼いただければ施工直後の様な美しさにリフレッシュさせる事が可能です。
メンテナンスコースについてはこちら

before.jpeg

after.jpeg

フォルクスワーゲン・The Beetle
9年分の汚れをリフレッシュ!
コーティングにおいて下地処理が一番大切といっても過言ではありません。
経年劣化によって蓄積された汚れやキズをできる限り取り除く事によって
コーティング本来の性能が発揮できる様になります。

20220820vw21.jpg

20220820vw22.jpg